辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法をご紹介

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
痔の症状が辛くてお悩みではありませんか?「日に日に痛みが増す」「また再発した」など、これらには原因があります。現役整体師のプロが誰でも自宅でできて効果的な治療トレーニングをお教えします。

治療薬(レンシン)

レンシンの由来

レンシンはその昔、平安時代の醍醐天皇に仕えた菅原道真公が、延喜元年(901年)九州の太宰府に左還された折、一漁師が痔で苦しんでいるのを見て、持参していた四国高知で採取してきた蓮茎(はすのクキ)と中国より渡来した漢薬と調合してのませてみたところ、痔の痛みが数日で治ったという逸話がありました。

その後、延喜3年(903年)菅原道真公が病で死去された際に家来に天皇よりいただいた衣と一寸八分のまくら天神そして調合した処方書を、四国土佐に流されていた高見公の所へ持参するよう命じていました。ところが向かう旅の途中に不運にも事故に遭い死亡してしまいました。

その後家来が持参した品々は、土佐の五台山の僧が預り安政の世になり当時の寺の総代であった長崎家に伝わり代々受け継がれてきました。

レンシン製薬株式会社の創業者である「長崎貞子」の指導および道真公の処方書を基に医薬品としての研究試験や改良が成され独自の製法にて承認されました。また、蓮茎のもつ神秘的な効能に因み、蓮神「レンシン」として名づけ、今も医薬品製造基準に適合した生産工場にて製造販売されています。

辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法があります