辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法をご紹介

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
痔の症状が辛くてお悩みではありませんか?「日に日に痛みが増す」「また再発した」など、これらには原因があります。現役整体師のプロが誰でも自宅でできて効果的な治療トレーニングをお教えします。

基礎知識(痔とは?)

フリー百科事典ウィキペディア『痔』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/痔

痔(じ)は、肛門部周辺の静脈が圧迫され、血液の流れが滞ること等によって発生する、疾患の総称である。痔疾(じしつ)ともいう。

名称

「痔」のふりがなは本来「じ」であるが、製薬会社のヒサヤ大黒堂が江戸期以来、歴史的仮名遣いの「ぢ」を用いている事や、痔は「血(ち)」が出ることが伴うため、イメージから「ぢ」と誤用される場合が多い。
ちなみに漢字の「痔」の音を表す「寺」は歴史的仮名遣いでは「ぢ」と書かれない。
英語ではhemorrhoidsまたはpilesであるがこれらは基本的にいぼ痔を指す。ちなみに痔になった人のことを、痔持ちまたは痔主と言う。痔は、排便の障害となることがある。

一般的な認知

痔は一般に「年寄りの男性がかかる病気であり、かかると恥ずかしい・汚い」というイメージがあるが、実際には若者でも女性でもかかる病気である。また、運動不足な人ほどかかりやすい病気であり、仕事熱心なサラリーマンやOL、隠居して動かない高齢者などが患いやすい。

辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法があります