辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法をご紹介

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
痔の症状が辛くてお悩みではありませんか?「日に日に痛みが増す」「また再発した」など、これらには原因があります。現役整体師のプロが誰でも自宅でできて効果的な治療トレーニングをお教えします。

基礎知識(下痢)

フリー百科事典ウィキペディア『下痢』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/下痢

下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便のことである。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状である。軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る。)とも呼ばれる。

軟骨魚類・両生類・爬虫類・鳥類および一部の原始的な哺乳類は、下痢とよく似た軟らかい便を排泄するが、それらの排泄を指して「下痢」とは呼ばない。それらの生物は、消化器官の作りが原始的であったり、全排泄(出産や産卵をも含む)を総排泄腔で行うことから、便の柔らかい事が常態なのである。

発展途上国では主な死因の一つとなっている。

原因

通常、便は大腸内にて水分やミネラルを吸収された上で排出されるが、何らかの原因で水分を多分に残したまま便意を催して排便される事がある。更に重症な場合は、逆に腸壁から腸管内に水分が排出される。これが下痢である。

日常に於いて最も多く見られる原因としては、以下が挙げられる。

・食べ過ぎによる消化不良
・早食いによる消化不良
・就寝前に食事をした場合による消化不良
・腐敗したものを食べた事による食あたり
・毒キノコや貝毒などの有害物質による食中毒
・O157・ノロウイルスなどの細菌やウイルスに経口感染して起こる食中毒
・冷たい物の飲み過ぎ[1]や食べすぎ
・飲酒した後の翌朝
・早朝からの冷えた飲料の摂取
・コーヒーや辛い食品といった刺激物の大量摂取
・腹を冷やしたり[1]、食後にベルトを締め付けすぎた時など
・海外で日常食べ慣れないものを多量に摂取した
・乳糖不耐症の者が牛乳のような乳糖を含む食品を多量に摂取した
・人工甘味料を大量に摂取した場合
・マグネシウムを過剰に摂取(マグネシウムを豊富に含む豆乳を大量摂取、マグネシウムを多く含む薬剤を摂取)した場合

辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法があります