辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法をご紹介

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
痔の症状が辛くてお悩みではありませんか?「日に日に痛みが増す」「また再発した」など、これらには原因があります。現役整体師のプロが誰でも自宅でできて効果的な治療トレーニングをお教えします。

基礎知識(診断)

Yahoo!ヘルスケア『痔』より
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST050180&dn=3&t=key

診断

患者さんの訴えを良く聞くこと、肛門に指を挿入する(肛門指診〈ししん〉)、肛門に5cmほどの肛門鏡を挿入する(肛門鏡診)ことで診断します。裂肛の場合は痛みが強いので、指や肛門鏡を挿入する際は、新生児用の小さな肛門鏡を選ぶなど、愛護的な診察が必要です。

痔核の鑑別診断としては、直腸脱や肛門ポリープがありますが、なんと言っても直腸ガン、大腸ガンを見逃さないことが重要です。40歳以上の方は全員、大腸内視鏡検査を同時に行うことをお勧めします。

裂肛の鑑別診断としては、クローン病、ベーチェット病、カンジダ症に併発する裂肛があるので、原疾患を見逃さないことが重要です。

辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法があります