辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法をご紹介

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
痔の症状が辛くてお悩みではありませんか?「日に日に痛みが増す」「また再発した」など、これらには原因があります。現役整体師のプロが誰でも自宅でできて効果的な治療トレーニングをお教えします。

基礎知識(一般的な治療法)

Yahoo!ヘルスケア『痔』より
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST050180&dn=3&t=key

内痔核

肛門に炎症を起こさない生活を指導することが主になります。欧米の手術率は10%以下です。2~3カ月の投薬と生活指導を行っても、3度以上の内痔核は手術の適応となります。手術は肛門括約筋を保護する、結紮(けっさつ)切除半閉鎖法が一般的です。入院は10~14日間が一般的です。最近、内痔核を切除しないで、特殊なレーザー光線を照射して、内痔核を縮小する方法(ICG併用半導体レーザー照射法)が標準治療として認められるようになりました。出血、疼痛もなく入院期間も5日程度と短縮しました。適応をきちんと守って行えば、ゴムバンド結紮法、PPH法、硬化剤療法も有効です。GION(ジオン)注射療法は3泊4日の入院でできる簡便な方法ですが、1年以内の再発が16%と多いことと、薬液がアルミニウム製剤であることが問題点といえます。

外痔核

慢性外痔核は炎症の原因になったり、患者さんがどうしても気になる場合を除いて、手術適応はありません。急性血栓性外痔核も手術率は3%以下と少なく、ほとんどは投薬にて緩解します。

裂肛

単純裂肛のほとんどは、生活指導と投薬にて治癒します。外痔核(見張り疣〈ゆう〉)やポリープを伴う慢性裂肛や肛門狭窄は2~3カ月生活指導、投薬を行っても改善しない場合は手術となります。皮膚弁移行術(slidingskingraft)や側方内括約筋切開術(LSIS)が標準術式です。

辛い時、誰でも自宅でできる痔治療方法があります